映像制作会社のクリエイター達の仕事内容を教える総合情報サイト

>

映像制作会社はクリエイターが動画を制作する会社

制作系の映像制作会社の仕事内容を紹介

映像制作会社の制作系の仕事内容ですが、主に企画立案や制作の為の資金調達、映像に出演するキャストの選出、スケジュール管理といったものをプロデューサーが、そして実際に映像制作をする際にカメラマンなどに指示を出し立案された企画をどのように上手く実現できるかを考えるディレクターの二つの役割があり、このディレクターを補佐する役割であるアシスタントディレクターといった職種もあります。

このように制作系は技術系とは違って特殊な専門知識やスキルが必要ない為チャンスの可能性は多い一方で完全な実力主義の世界で人気のある映像を制作できなければすぐに淘汰されてしまう非常に厳しい世界でもあります。このような実力主義の世界にやりがいを感じ、上昇志向のある方には向いている仕事内容ではないかと感じます。

技術系の映像制作会社の仕事内容を紹介

技術系では主に映像作品の編集作業の仕事や映像に挿入するCGを制作するクリエイター、音声の調整や編集、録音といった実際に映像作品を編集したり加工をしたりするのが仕事です。この仕事には非常に高い専門知識とスキルが必要になり、まさにプロフェッショナルの集まる職業現場になるかと思います。

また、これ以外にも近年の映像制作機材のデジタル化や新しいソフトウェアの導入によって簡単な部分だけではありますが編集作業や加工の業務は制作系の方でも行うことが出来るようになりました。技術系の方々はそれ以上の技術に関する専門知識やスキルが求められるようになってきましたので、より一層仕事内容のレベルは上がってきているのではないかと感じます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る