注文住宅では種類別に費用面でどれだけ違いがあるのか

注文住宅の種類別の費用の違いについて

全て自分好みの拘り物件!フルオーダーの注文住宅の費用

日本各地で新築戸建て物件が日々建築されていますが、コンパクトシティ政策など都市計画の影響もあって、本当に良い土地というのはとても少なくなってきています。
あっても高額であったり、人口が集中することによって生じるさまざまなデメリットもあるため住宅密集地ならではの問題もあります。
昨今ではこうした問題もあり、利便性もあって快適な場所に住宅を構えることは一般的には容易ではありません。

コンパクトシティといえば新興住宅地などがその例で、これはここ近年でどんどん増えています。
子育て世帯が多く移り住みますが、マナーなどの問題や世代間ギャップなどで近隣問題へと発展しているケースも珍しなく一部で深刻な問題となっています。
利便性の良いところには当然人が集まりますし、そうでない場所へ土地を求めるとそれはそれで利便性によるデメリットを甘受しなければならないという点も出てきます。

具合よく人口が分散されればこれら多くの問題が解決しますが、なかなかそうはいかないのが現実であり、加えて空き家問題、家主の高齢化による持ち主不明問題などの問題も今後更に表面化していくことが考えられます。
新築に拘らなければ現存している住宅をリノベーションして生き返らせることにより生かすことで土地の圧迫を避けることができる可能性があるものの、新築を好む人の方が依然として多いことやリノベーションやリフォームする費用に相当する価値を見出せる物件であるのかどうかも関わってくるため、今後も土地の取り合い的状況が続くことが予想されます。

TOPへ戻る